位牌のことを仏事コーディネーターがわかりやすく解説しています。
位牌がよくわかる

葬儀の後の心得と、さまざまな手続き

一周忌

故人が亡くなってから一年後の命日が一周忌で、家族や親族のほか、故人と縁の深かった友人や知人を招いて法要を営みます。
法要は命日の当日に行うのが理想ですが、実際には参列者の都合もあり、最近は週末に行うことが多いです。必ず命日より早めの日に行うのが慣わしです。
一周忌までが喪中(もちゅう)で、この日をもって喪(も)が明けることになります。喪中に迎えた正月は、年賀状、年始挨拶、正月飾り、初詣などの正月行事は控えます。

年忌法要

年忌法要は、年回法要ともいい、一般に法事と呼ばれているものです。
亡くなった翌年が一周忌、その翌年の2年後が三回忌です。
三回忌からは亡くなった年も含めて数え、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と追善供養の法要を営みます。

一周忌と三回忌は四十九日法要に次いで大切な法要です。
親族を招いて、規模の大きな法要を営みます。スムーズにできるように、おそくとも2ヵ月前から準備をしましょう。
まず、お寺の住職と相談をして、法要を営む日を決めます。次に、法要場所を自宅か、菩提寺、あるいは斎場で行うかを決めます。一般に関東は菩提寺で、関西は自宅で法要を営むことが多いと言われます。
法事を菩提寺以外で営む場合は、「御布施」とは別に「御車代」を包むのが一般的です。また住職が会食を辞退された場合は、「御膳料」を包む場合があります。
日取り、場所が決まったら、招待客を決め、1ヵ月前には案内状を送り、返事をもらいます。
参列者の人数が確定してから、会食、引き出物を用意します。引き出物は一所帯に一個でよいとされています。表書きに、「志」か「粗供養」、下に施主の家名を書きます。
菩提寺へのお礼の表書きは、「御布施」とし、「御経料」とか「御礼」とは書きません。
法事の際の服装は、施主側は略礼服を着用し、数珠を忘れずに持参します。
法要の日に卒塔婆を立てる場合は、事前にお寺に依頼しておきます。

一周忌と三回忌は必ず、ひとりの法要を営みます。
七回忌以降は同じ年に法要が重なった場合、二人の法要をまとめて行ってもよいとされています。
法要を行う日は、あとに亡くなった故人の命日にあわせます。案内状には誰と誰の法要かを必ず明記します。
二人の法要を合わせて行うことを併修(へいしゅう)といいます。

年忌法要はいつまで行うのか、とよく質問を受けます。
三回忌までは、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招きますが、七回忌以降は次第に招く人を少数に絞っていく場合が多いです。
年忌法要の回数は、地域の慣習や菩提寺の考えによって異なりますが、一般には三十三回忌か五十回忌をもって、最後の法要の「弔い上げ(とむらいあげ)」とすることが多いです。

仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。


お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)