位牌のことを仏事コーディネーターがわかりやすく解説しています。
位牌がよくわかる

位牌には戒名の文字入れが必要です

位牌に入れる文字

位牌には、戒名と亡くなった没年月日、俗名、行年(享年)を入れます。
俗名(ぞくみょう)とは生前の名前で、行年(ぎょうねん)とは亡くなった時の年齢です。享年(きょうねん)ともいいます。

お一人の戒名を入れる場合

真言宗以外の宗派では、次の図の様に入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

お一人の場合の位牌

ご夫婦の戒名を入れる場合

ご夫婦の場合は、一つの位牌に一緒に戒名を入れることができます。
真言宗以外の宗派では、次の図の様に入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

ご夫婦の場合の位牌

真言宗の戒名を入れる場合

真言宗の場合も、上記と基本的に入れ方は同じですが、戒名の上部に「ア字の梵字」と下部に「位」を入れるのが一般的です。没年月日を裏面に入れる場合もあります。

真言宗の場合の位牌

先祖代々の文字を入れる場合

次の図の様に入れるのが一般的です。

先祖代々の場合の位牌

戒名が無い場合

無宗教などの方で戒名が無い場合は、一般に「○○○○之霊位」というように生前の名前を表面に記入します。その場合、裏面の俗名は省きます。没年月日と行年(享年)は同じように記入します。

戒名が無い場合の位牌
仏壇仏具の通信販売

仏壇仏具がご自宅で購入できる、便利なネットショップです。ぜひ一度は見に来てください。


お仏壇選びの秘訣

初めてお仏壇を購入する方のために、分かりやすく解説した小冊子「お仏壇選びの秘訣」を無料で進呈します。(関東地区の方限定です)